30日

0の日です。
今回はNHKスペシャルドラマ〈坂の上の雲〉より主題歌[stand alone スタンドアローン]です。

私はこの曲、歌が大好きで日頃からよく演奏しています。
いつかのコンサートでは詩を読んでから演奏したこともありました。

森麻季さんの透き通る歌声が素晴らしく、そのイメージが強いので、バイオリンでカバーするのは少し気が引けたりもしますが名曲なのでチョイスしました。

[一朶の雲を目指し]
というフレーズが二回出てきます。

恥ずかしながら、私はこの「一朶 いちだ」という言葉をこの曲に出会うまで知りませんでした。

明治という時代の持つ力強さ。

一朶の雲に向かってただ邁進する直向きさ。

 

平成、そして令和と時代が進み、変化する中でも忘れたくない人間の根本にある凛とした力強さを、この曲の美しいメロディから感じられる気がします。

挫けそうなことや、折れてしまいそうな瞬間はあるけれど、直向きに生きていたいと思える。

大袈裟だけど、勇気をもらえる曲なのです。

 

そんな一曲を五月の最後に動画でお届けしました。(鼻息は入るわ、見返すと髪はボサボサだわ・・・な映像でしたが、これも一発撮りの味ということで・・・。なんでも味で解決。)