biography

プロフィール

松 本 尚 子

Naoko Matsumoto

3歳より才能教育研究会スズキメソッドにてヴァイオリンを始め、小学5年生より弦楽オーケストラ“北大阪ユングゾリステン” にてアンサンブルを学ぶ。

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業。

第7回長江杯国際音楽コンクール第1位、第17回和歌山音楽コンクール第2位(1位なし)、 第9回万里の長城杯国際音楽コンクール第1位。第8回大阪国際音楽コンクール、第11回日本演奏家コンクール他、多数のコンクールに入選入賞。 

2006年モーツァルト室内管弦楽団とコンチェルトを協演。この年より大阪府下各地の小中学校にてコンサートや公演、芸術鑑賞会をソロヴァイオリンで開始する。

2009年Japan String Quartett 2009をヴィオラで受講。同年、大学在学中にリサイタルデビューし、京都市芸大定期演奏会にてコンサートミストレスを努める。

これまでに、室内楽を久合田緑氏、ヴィオラを平田泰彦氏、 ヴァイオリンを杉山笙子、本多令子、梅原ひまり各氏に師事。

 


大学卒業後は多様な音楽を経験。

ヒビキミュージック主催によるクラシックリサイタルを開催。(2013)

ユニバーサルスタジオジャパンアトモスフィアショー(ヴァイオリントリオジャム)レギュラーパフォーマーを務め、ヴァイオリニストとしてエンターテインメントの世界へ。(2014)

ポピュラーユニットにてウェディングカバーアルバムを発売。(2015)

インストアンサンブル Cool-an-Temporary にてアルバム「ADAGIO」を発売。(2016)

2017年、塩入俊哉氏の下、ソロヴァイオリニストとしての活動を本格開始。

同時に作編曲も始める。

作曲家、山下憲治氏と共に山口島根コンサートツアーを成功させる。(2018)

大の映画&名曲好き。

映画音楽を主とした名曲を自身のヴァイオリンアレンジとパートナーピアニストアレンジによりUPするYouTubeチャンネル「名曲チャンネル」開設。(2019)

同年夏には、ピアニストでプロデューサーの塩入俊哉氏の下、1st Album「赤と白」発売。大丸心斎橋劇場にて発売記念コンサートを満員御礼にて成功させている。

ユニバーサルスタジオジャパンクリスマスショーパフォーマー。(2020)

17 Liveにて配信ライブをスタート。開始より僅か2週間で「新人ミュージックライバーの進撃」第一位を獲得し、その後「集えミュージックライバーVol.32」にて第一位を獲得。(2021)

高い技術と表現力、心に切り込む音色と評されたバイオリン、飾らない性格で老若男女また業界問わずファンを増やしている。