18日

St Patrick's Day 初めてフィドラーとしてライブ出演してきました。
ロシアンジプシーミクスバンド「アンサンブル・バラノチカ」の中塚哲司さん、安田華香さんとご一緒させて頂きました。

この機会を頂いて、これまでチャレンジしなかったアイリッシュやフィドルサウンドに踏み込むことができました。
お二人にたくさん練習に付き合って頂いて、とりあえずなんとか付いていける状態のギリギリフィドラーとなりました。

ずっと弾きたかったSWINGIN' BACHもなんと3Vnで。
もう本当に本当に楽しい時間でした。

F&Mさん、お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

(写真をまた撮り忘れたので動画のカットを。)

17日

阪神百貨店さんにて、Cool an Temporaryミニライブでした。
クールアンページにてかなり直前の告知でしたが、会いに来てくださった方々がいて嬉しかったです。
ありがとうございます。

春のファッションウィーク。
今年の春は流行が花柄ということで、クールアンも色々なところにお花を散りばめました。
私も普段はなかなか着けないお花を。(花柄とか花冠とかソワソワする。もちろん私物なワケはなく、綾子さんにお借りしたものだらけ。)

メイクもピンク系にするという女っぷり。(とりあえず努力を褒めてもらいたい。)
3回のステージ全てが違うフロアで行われ、こんな可愛いブースでの演奏もありました。
最終回は綾子さんと若がバトンタッチしました。
が、最終回の写真を忘れたので、御庭番の如く私たちに付いていてくれた2ndステージの若の後ろ姿。

Cool an Temporaryといえば、来月にはワンマンライブがあります。
クールアンは図らずも、春と冬にワンマンライブを行うことにいつのまにか偶々偶然知らないうちになっておりますが、4月8日はそのひとつ、「春のワンマンライブ」です。
Soap opera classicsさんの8周年記念ライブ行事のひとつとして出演させて頂きます。
個人的にもユニットでも、日頃からとてもお世話になっているSOCさんの周年をお祝いする気持ちを込めて、春を彩るクールアンならではなショーをお届けします。
是非お越しくださいませ。

■4月8日(土)Cool an Temporary 春のワンマンライブ

【時間】13:00スタート/12:30オープン

【会場】Soap opera classics

【料金】前売2,500円/当日3,000円

【出演】Cool an Temporary


春を感じた日。
お越しくださった皆さま、お世話になりました皆さまありがとうございました。

(珍しく、写真の多い日記になって非常に嬉しい。)

14日

昨日は倉敷でした。
川井郁子さんのステージです。

なんと私倉敷に降り立つのは初めてでした。
もう少し時間があれば、行きたい場所もたくさんありましたが、今回は残念ながら会場のみ…

どんな街なのかと調べると歴史溢れる素敵な街だということが分かり、いつかゆっくり観光してみたいと思いました。(名探偵コナンにも出てきたし)

ステージはとても楽しい時間でした。
郁子さんのステージにご一緒させて頂くのは何度目でしょうか、
決して多くない貴重な時間ですが、少しずつ楽しむことやアンサンブルしている意識が増してきて、余裕という言葉が良い言葉なのか分からないけれど、弾くということだけでは無くなってきたように思えました。(憧れのバイオリニストの呼吸をきちんと感じようとできる余裕が生まれたことは、私にとってとても嬉しいことでした。)

お世話になりました皆さま、ありがとうございました。

そして今日は朝からCool an Temporaryリハーサルです。
4月8日のライブに向けて。
(スケジュールいいかげん更新します)

6日

ソロコンサートが終わってから、本番、レコーディングと毎日ぶっ続けでした。
今日は1日ゆっくり休憩しました。

コーヒー飲んで好きな映画を見て、美容院に行って。
こういう日が本当に好きです。
またぼちぼち歩くために、一旦停止。

忙しく疲れた身体を無理矢理に休ませても、頭は回って動いちゃって逆に休めない時があります。
一日かけて、どうでもいいことで頭と心をいっぱいにする。
音楽だったり映画だったりスポーツだったり食事だったり。
何かをしている何もない日が本当に大切です。

人にとっての何かをしている何もない時間になれるように、私もまた歩こう。

(今日のは抽象的すぎる)

4日

川勝美歌さんチェロリサイタルでした。
後半のハイドンのチェロコンチェルトにて、ストリングスカルテットで伴奏をさせて頂きました。

彼女に出会って何年だろう。
コンスタントにお仕事を一緒にさせて頂いていましたが、このリサイタルにかける気持ちを見てきました。
心を込めて伴奏させて頂きました。
お人柄とこの日までの努力、色んなものが詰まったハイドンでした。

大好きなピアニスト比果さおりちゃんともご一緒できて嬉しかったです。

3日

ソロライブが終わりました。
MBS毎日放送本社のちゃぷらステージには約120名のお客様がいらっしゃってくださいました。
お越し下さった皆様、本当にありがとうございます。
また激励くださった皆様にも心から感謝致します。

今回は新しい曲を2つ、ご披露することができました。
“street waltz”
“六月の花”

そしてずっと名前がなかった曲は、
“旅のはじまり”
という名前になりました。

音響の長戸さんに、この曲をとても褒めて頂け、大きな自信になりました。
数々の音楽を聴いてらっしゃる方ですもの。シンプルに嬉しいです。


自分らしく。
今回一番大切にしていたことを、きちんと大切にできたこと、そして何よりお客様が皆様終始笑顔でいて下さったことが嬉しかったです。

技術力、お話にまとまりがないこと、3曲目くらいでやっと体が温まってくるスタートの遅さ、その他諸々、今は反省点に埋もれて這い上がるのに時間がかかりそうですが、今の自分として素直に受け止められる気持ちの良い反省点です。

私は一人で弾いてて幸せな人間ではなく、聴いてくださる方がいて初めて音楽になる。
ここ数年で確信したことをお客様一人一人のお顔を見て、痛感しました。

これからもどうぞ応援して頂けたら嬉しいです。

そして、私にこのチャンスと勇気を与えてくださった塩入さん。
プロデューサーとして、今回のステージを全て作ってくださいました。
圧倒的なピアノパフォーマンスはいつも通り、前回よりも私自身が塩入さんの音をきちんと聴けるようになったような気がしていたりしなかったりしていたり。(どっち)
作曲作品は、不思議なくらい目の前に情景が広がる絵画的な世界と、始まりから終わりまでに心をふんだんに使わせられるドラマチックさに、今回も演奏していて心底燃えました。
本当にありがとうございます。

素晴らしい音に仕上げてくださった長門さん含め音響スタッフの皆様、素敵な空間を演出してくださった照明の皆様、抜かりなき素晴らしすぎるスタッフの皆様に心から感謝して、これからも頑張っていきます。



ひとまずこんな日記。

追伸

驚くなかれ、一枚も写真を撮っていません!
これが私クオリティ。
記憶してるもん。

★3月3日(金)

◉ソロライブが決定致しました◉
((早く言いたいと思いつつ(RGさんじゃなくてね←)詳細決定せず今日に至りました。))

昨年10月に引き続き、ピアニスト塩入俊哉さんとです。

前回のコンサートで塩入さんにたくさんのことを教えて頂きました。何よりも新しいことに挑戦させて頂きました。
パワフルでいて包み込むような優しい音と絶対的な音楽に支えられ、自分の知らない新しい自分との対峙の時となりました。
今回もご一緒させて頂くのが本当に楽しみです。

さて、前回のソロライブでは初めての試みがたくさんで、緊張や不安、これまで経験したことのない恐怖などもありました。(背中を押して下さり、見届けて下さった皆様への感謝だけでそこに立っていました。それだけで存在出来ました。)

今回は「等身大の私」、いつも通りとにかく楽しい音楽の時間にしようと思っております。
もちろん、前回のような勇気を持った挑戦や少しの背伸びもするつもりです。
前回があったからこその「自分自身が1番大切にしていること」を自信を持って大切にしたいと思います。(なんじゃこれ抽象的すぎる)

とにかく私らしく。
ありったけの心を込めて。
とにかくたっっっくさんの人に聴いてもらいたい。
心の底からお待ちしております。
一緒に過ごして下さい。
勇気を出して一歩。二歩。
(ぅあああ!楽しみです。)

■3月3日(金)

松本尚子 ヴァイオリンソロライブ

【時間】19:30スタート/19:00オープン

【会場】大阪市北区茶屋町17-1毎日放送本社1F ちゃぷらステージ

    会場Tel 06 6359 1123

    会場公式サイト http://www.mbs.jp/plaza/

【料金】前売2,500円/当日3,000円

【出演】ヴァイオリン・松本尚子

    ピアノ・塩入俊哉